while文とwhile do文はループ処理

while文[式]

<?php
$i = 0;   // 変数を設定

while($i < 10){ // 10より小さいとき
	echo $i;
	$i++; // ループを抜ける処理
				}
?>

別の書き方をするとこう。
<?php  
$i = 0;

while($i < 10):
	echo $i;
	$i++;
endwhile;
?>
whileは終わりの決まったループif

ループを抜けるための処理がないと無限ループしてしまう。

[実行結果]

0123456789

while do文[式]

<?php
$v = 0;  // 変数を設定

do{
	echo $v;
	$v++;
}while($v < 10);  // 後から条件判定
?>

[実行結果]

0123456789

今回の結果は同じだが、do~while();は最低1回は実行する点が違う。

インデックスに戻る