インスタンス(実体=オブジェクト)の生成

オブジェクトの設計図が「クラス」
オブジェクトの実体は「インスタンス」
そしてインスタンスはクラスをもとに作られる。

定義したクラスからオブジェクトを作成するには new を使用する。
作成したオブジェクトは各々が、クラスで定義したものと同じプロパティとメソッドを持つ。
プロパティやメソッドにアクセスするには、オブジェクトに対して -> (アロー演算子)を使用する。

<?php
/************************
クラス(設計図)Mathを定義
************************/

class Math{
    // プロパティを定義
    public $number1;
    public $number2;

    // メソッドを定義
    public function add(){
        return $this->number1 + $this->number2;
    }
    public function minus(){
        return $this->number1 - $this->number2;
    }
} // End class Math


/*************************************
クラスMathを基にオブジェクト(実体)を作成
*************************************/

$math = new Math(); // 変数に代入して使う

// プロパティに値を代入
$math->number1 = 7;
$math->number2 = 5;

// メソッドを実行して値を取得
$result1 = $math->add();
$result2 = $math->minus();

// 表示
echo "足し算の結果は".$result1."です。引き算の結果は".$result2."です";
?>
足し算の結果は12です。引き算の結果は2です

インデックスページに戻る