foreach文(連想配列)

要素の値の他にキーを取り出す構文。
連想配列でキーを指定したときに、キーと要素をそれぞれ取り出す場合に使える。

[式]

<?php
$変数1 = array(  // 連想配列を作成
    1 => "要素1",
    2 => "要素2",
    3 => "要素3",
    4 => "要素4"
            );

foreach($変数1 as $変数2 => $変数3){
    処理;
    }
?>

[都市名とキーの連想配列から都市名とキーを別々に順に取り出す例]

<?php
$toshi = array(
    1 => "札幌",
    2 => "仙台",
    3 => "東京",
    4 => "名古屋",
    5 => "京都",
    6 => "広島",
    7 => "博多",
    8 => "那覇"
                );

foreach($toshi as $key => $toshi_name){
    echo $key.''.$toshi_name.'<br />';
        }
?>

[実行結果]

1 札幌
2 仙台
3 東京
4 名古屋
5 京都
6 広島
7 博多
8 那覇

[foreach文別の書き方]

...配列設定の変数省略

foreach($toshi as $key => $toshi_name):
    echo echo $key.''.$toshi_name.'<br />';
endforeach;

foreach(){ };の代わりにforeach(): ~ endforeach;を使う。

[実用例]

foreach(): ~ endforeach;を使うとHTMLの混ざったフォームなどで活用できる。例えばこんな

インデックスに戻る