引数の種類 function(引数){...}

通常引数には数値を渡すことが多いが、引数には関数を渡すこともできる

<script type="text/JavaScript">
	var funcB = function(funcA){ // 引数に関数Aを渡す設定で関数Bの定義
		return funcA; // 関数Aの実行が関数Bの中身 
	}

	var funcA = function(){ // 関数funcAを定義
		console.log("Hi !");
	}
	
	funcB(funcA); // 関数Bの実行
	
	var funcC = function(x, y){ // シンプルな引数
		return x + y;
	}
	
	var ans = funcC(1,2);
	console.log(ans);
	
	var funcD = function(your_name){ // 引数に文字列を指定
		return "みーみちゃんと" + your_name + "ちゃん";
	}
	
	console.log(funcD("カルビ"));
</script>

インデックスにもどる