日付けを取得する

オブジェクトの作成より。
日付けオブジェクトを作成し、getタイプ日付関数を用いて値を得る。

ビルドイン関数 Date()は現在の西暦年・月・日・時・分・秒をいっぺんに取得する。
よってそこから年、月、日などを個別に取り出して表示する必要がある。

[関数Date()のみの実行結果]

[ソースコード]

<p><span id="aaa"></span></p>

<script type="text/javascript">
<!--
var now = new Date();
var kekka = document.getElementById('aaa');
kekka.innerHTML = now;
//-->
</script>

※関数とはx+yのような数式のパッケージである。X=1 Y=2などと値を代入して初めて結果を求められるもの。
引数とはその代入の値である。ビルドイン関数は引数に何も与えなくても一定の結果が返るように設定されている。

[日付けを個別に抜き出して取得する]

<script>
<!--

	var nowdate = new Date(); // ビルドイン日付け関数から空のオブジェクトを作成し変数に代入
	
	var year = nowdate.getFullYear(); // get関数で西暦を取得し変数に代入 (new Date()).getFullYear()でも可
	var month = nowdate.getMonth() + 1; // get関数で月を取得し変数に代入 getMonth()が返す値は0~11
	var date = nowdate.getDate(); // get関数で日を取得し変数に代入
	var hours = nowdate.getHours();
	var minutes = nowdate.getMinutes();
	var seconds = nowdate.getSeconds();
	var today = nowdate.getTime(); // 1970年1月1日0時0分0秒からの経過秒
	
document.write("今日は" + year + "年" + month + "月" + date + "日");
document.write("今の時刻は" + hours + "時" + minutes + "分" + seconds + "秒");
document.write(today);
//-->
</script>

[実行結果]

さらに詳しくはコチラを参照する

インデックスに戻る